インプラントってどんな歯歯を失うとインプラント治療の進め方難症例に対する治療法インプラント治療期間.費用インプラント治療例

前歯部一歯欠損症例 - 1

前歯部一歯欠損症例 -2

前歯部二歯欠損症例 <<

上下顎多数歯欠損症例

咬合崩壊症例

.

.

.

.

管理者更新インプラント治療って何?リンク東京インプラントセンター

TOP>インプラント治療例>前歯部二歯欠損症例

インプラント術後01インプラント術後02インプラント術後03インプラント術後04インプラント術後05インプラント術後06インプラント術後07インプラント術後08

インプラント術前01インプラント術前02インプラント術前03インプラント術前04インプラント術前05インプラント術前06インプラント術前07インプラント術前08

 歯周病によって奥歯の咬み合わせ崩れてしまうと、上顎の前歯を下顎の前歯が突き上げてしまい前歯が、開いてきてしまいます。その状態を長く放置していると、奥歯だけではなく、前歯も失う事になってしまいます。

 上記の上顎中央の二本の歯は抜歯をしなければならない状態でした。歯周病外科を伴う歯周病治療の後、奥の歯の治療を行い、開いてしまった歯を矯正治療で元の位置に戻し、二本のインプラント治療を行っています。

 この様に、欠損を補う治療は、外傷などで歯を失った場合は例外として、多くの場合、残存する歯を含め、全体の診査診断による治療を考えた後に行わなければ、良好に長く機能する治療結果を得る事ができない場合が多く、しっかりとした包括的な治療が必要です。

 インプラント治療は目的ではなく手段です。それは欠損を補うために、手段にブリッジや義歯を選択する事と同等です。大切な事は、良好に長い期間機能する目的をいかに達成するか否かです。それにはただ単にインプラントを選択するだけでは、上記の目的を達成する事はできません。全体をしっかり見据えた、しっかりとした治療を行わなければならないでしょう。

TOP>インプラント治療例>前歯部二歯欠損症例

インプラントってどんな歯 | 歯を失うと | インプラント治療の進め方
難症例に対する治療法 | インプラント治療期間.費用 | インプラント治療例

What's New | 管理者.連絡先 | 東京インプラントセンター | リンク | サイトマップ | UP