インプラントってどんな歯歯を失うとインプラント治療の進め方難症例に対する治療法インプラント治療期間.費用インプラント治療例

HOMEインプラント治療期間.費用>歯周病の治療に必要な期間は

診療室01診療室02診療室03診療室04

 歯を失った方の多くは歯周病が原因の事が多い様です。また現在歯が残っていても、既に歯の周りの骨の破壊が進み手遅れになった方も多く来院します。
インプラントの手術を安全に行なうためや、インプラントを長い期間健康に機能させるためには、歯周病の治療は重要な鍵を握っています。
歯周病を放置したまま手術を行なえば、術後感染を起こす危険性が非常に高くなります。
また、せっかく成功したインプラントの周りの骨が歯周病(インプラント周囲炎)を罹患し長持ちしなくなってしまうからです。

日本人の多くは歯周病で歯をなくす

イラスト歯を失う原因には、虫歯をはじめとする様々な要因が挙げられますが、そんな中でも一番厄介なのが歯周病。一般的に歯槽膿漏として知られている病気で、歯ぐきの出血や腫れから始まり、挙げ句の果てに歯がグラつき抜けてしまう病気です。歯根をしっかりと支えている歯槽骨という骨が溶けることから起こる症状で恐い病気の一つ。歯のまわりの組織(歯肉・歯槽骨・歯根膜)が破壊されるので、たとえ歯そのものが健康であっても抜けてしまいます。インプラントは骨に対して行なう治療なので骨を破壊する歯周病は致命的です。

中高年層のみならず若年層までに広がっている国民病

 厚生省の調べでは、45〜54歳の約90%が歯周炎などの異常を訴えているそうです。しかし、国民の多くは『歯周病は中高年になれば誰でもなるもので別に大したことではない・・・』という感覚を持っており、徐々に社会的な問題になってきています。症状の度合いは異なりますが、実際、20〜30歳代の若い世代にまで広がり、多くの日本人が歯周病を患っています。しかも、前述しているように歯周病がひどくなると骨が溶け、歯が抜けてしまう深刻な病気。虫歯よりも歯周病で歯をなくしている人が多い現状を深刻に受け止める必要があります。

歯周病治療

1.

歯周病に対しての検査を行ないます。プロービングと言って歯周ポケットの状態の精査します。歯周病治療の始まりです。通常1時間程度の治療時間が必要です。

2.

歯石の除去を行ないます。歯石の沈着度合いによって異なります。この時点て平行して、歯ブラシの方法のトレーニングを行ないます。1〜3時間程度の治療時間が必要です

3.

歯周病の進行程度がある程度進んでいる方はルートプレーニングと行って麻酔をした状態で歯周ぽケットのより深い部位までの歯石の除去を行ない同時に歯の根の表面の掃除を行います。引き続き歯ブラシの方法のトレーニングと行います進行の程度により6〜10時間の治療時間が必要となります。

4.

不適合の被せ物がある場合は被せ物を除去し適合の良い仮の歯に被せ直します。この治療は本数によりますが1本につき1〜2時間の治療時間が必要止まります

5.

さらに歯周病が進行している方は外科的な歯周ポケットの除去が必要です。この歯周外科手術には一回2時間程度が必要です。

6.

一連の治療が終了した後は、インプラント治療が安全に行う事ができるか否か検査を行い、問題のある場合は、再び適切な治療を行い経過を観察していきます。

 上記のように、歯周病に罹患している方は、インプラント治療を始める前に徹底した歯周病治療が必要となります。歯周病の治療は時間のかかる根気の必要な治療です。しかしインプラント手術を安全に行うため、またインプラントを長い期間健康に機能させるためには必要不可欠な術前治療です。
歯ブラシ

TOPインプラント治療期間.費用>歯周病の治療に必要な期間は

インプラントってどんな歯 | 歯を失うと | インプラント治療の進め方
難症例に対する治療法 | インプラント治療期間.費用 | インプラント治療例

What's New | 管理者.連絡先 | 東京インプラントセンター | リンク | サイトマップ | UP