インプラントってどんな歯歯を失うとインプラント治療の進め方難症例に対する治療法インプラント治療期間.費用インプラント治療例

SIM/Plant.CT断層撮影

骨増多術(GBR)

上顎洞底挙上術

サージガイド

光造形医療用模型

即時荷重インプラント

.

.

.

管理者更新インプラント治療って何?リンク東京インプラントセンター

TOP>難症例に対する治療法

インプラント手術01インプラント手術02インプラント手術03インプラント手術04

 インプラント治療が長い期間良好に機能する事が、多くの研究者により発表された現在、インプラント治療は新しい進化を遂げました。

インプラントの進化を大別すると

1. 適応症の拡大
2. 高い審美性の改善
3. 即時荷重負担の可能性

上記に分類をする事ができます

適応症の拡大

 インプラント治療は歯を失った部位の骨の状態にその治療法が左右され、骨の状態によってはインプラント治療を行なう事が行なえない事も以前にはありました。
 しかし近年、インプラントが行なえるように骨を増やす手術を行なった後、インプラント治療を行なう事が可能となり、今までインプラント治療を諦めていた方でも、インプラント治療を行なう事が可能となりました。
 しかしながら、これらの手術は非常に難易度の高い手術となります。

高い審美性

 インプラント治療は前歯部において、歯肉の形を自然な形で治療を終える事が非常に難しいとされていました。
 この事は他の項目でも述べていますが、歯を失うと、多くの場合、歯周組織である、歯肉と骨も同時に失う事に起因します。
 しかし近年、歯肉や骨の移植の成功率が高まり、前歯のインプラントでも、天然の歯と見分けのつかない美しい歯と歯肉を取り戻す治療が可能となりました。
 しかしながら、現在でも前歯のインプラント治療は最も難易度の高い治療法の一つです。

即時荷重負担

インプラント治療はインプラントの埋入手術の後に、一定の治癒期間を設けなければなりませんでした。この期間は、インプラントを手術を受けたにもかかわらず、以前と同じようにまだ咬む事ができない状態です。
 しかし近年、ある一定の条件さえ整っていれば、インプラント埋入手術を受けた直後にインプラントの固定性の歯を接続可能で、手術直後から快適な咀嚼機能を取り戻せることが、多くの研究者よって明らかにされました。
 しかしながら、術前に十分な診断と的確な手術術式が必要となり、適切な条件を備えた人のみが適応となります。

インプラントってどんな歯 | 歯を失うと | インプラント治療の進め方
難症例に対する治療法 | インプラント治療期間.費用 | インプラント治療例

What's New | 管理者.連絡先 | 東京インプラントセンター | リンク | サイトマップ | UP