インプラントってどんな歯歯を失うとインプラント治療の進め方難症例に対する治療法インプラント治療期間.費用インプラント治療例

TOP>歯を失うと> 一本の歯を失うと

インプラント術前01インプラント術前02 インプラント術後01インプラント術後02
 一本の歯を失った場合に治療の選択肢はブリッジかインプラントを選ぶ事になります。場合によっては一本だけの義歯や、親知らずなどの他の歯の移植、または放置なども細かく言えば考えられますが一般的では有りません。
 従って失った機能をき回復させ、長期にわたり良好である治療方法を選択する事が大切になります。

どんなに悪い状態も最初は一本の歯を失う事から始まった

 治療をせずに長い期間その状態を放置する事は他のページで述べていますが、いろいろなトラブルの原因となります。広範囲に重篤なトラブルが進行した場合も、最初は一本の歯を失う事から始まっているのです。
 ですから不幸にも歯を一本失ってしまったら次に他の部位が悪くならないように考えなければなりません。治療をせずに放置する事によって、他の歯が連鎖的に悪くなる引き金してはならないのです。

 インプラント治療の特徴は失った歯の部分の骨を利用する事にあります。咬む力は歯槽骨と呼ばれる骨によって支持されます。これは天然の歯を支えている仕組みとほぼ同様です。従って治療に際し、残りの歯に無理なストレスを加える事無く、単独した治療を行う事が可能となるのです。
 最初に悪くした部位をきちんと治療し、もうこれ以上悪い部分を拡大させない、このことは治療方針を考えるに当たり大変重要な事となります。

一本のインプラントでも違う前歯部と臼歯部の治療

ー 前歯部のインプラント治療は難易度が高い ー

 一本のインプラント治療でもその部位によって治療の難易度は異なります。審美性の要求度の高い部位はインプラントの治療では高い治療技術が必要とされます。美しい歯を取り戻すためには綺麗なセラミックスだけでは達成する事はできません。残存している両隣の歯肉の形態に調和の取れた形をインプラントの歯の周りに再現しなければならないからです。

 インプラントの歯の形態は人工的に作り出す物です。しかし歯肉の形態を思い通りにコントロールする事は非常に難易度の高い歯周形成外科の技術を駆使して初めて達成できる治療となります。

 前歯部のインプラント治療で大切な事は、歯肉の形が重要な要素となります。歯を失った部位の歯肉は低く退縮してしまいます。歯を失うことは、歯肉とその下の骨も同時に失う事だからです。特に中央の前歯は、歯肉の形態を左右対称に仕上げ、歯と歯の間部分の三角形の歯肉を再生させて隙間を空けないようにしなければなりません。このためには歯肉と骨の移植術をインプラント治療と併用して行う必要があります。
 前歯部のインプラント治療は機能回復のみならず歯周形成外科により審美的形態を持った美しい歯肉を再生させる治療を行わなければなりません。

上の症例は、「審美的インプラント補綴における問題点 ー上顎中切歯手術における臨床的考察 ークインテッセン デンタル インプラントロジー別冊 インプラントの潮流を考える、10-15、2004. 小川洋一」 に掲載された症例です。

前歯部専用のインプラントが開発されました

上記ので述べたように前歯部のインプラント治療の難易度の高い事は述べました。従来では前歯と臼歯では条件が異なるにも関わらす、同じインプラントを用いていました、しかし2003年末にノーベルバイオケア社より「ノーベルパーフェクト」と呼ばれる前歯部専用のインプラントが発売されました。

 ノーベルパーフェクトはアバットメント接続部分がスキャロップ形態をしたインプラントで、Dr.Sascha A. Jovanovic(サーシャ・ジョバノビッチ先生)により開発されました。このインプラントを臨床応用する事により、良好な臨床成績を収めています。

TOP>歯を失うと> 一本の歯を失うと

インプラントってどんな歯 | 歯を失うと | インプラント治療の進め方
難症例に対する治療法 | インプラント治療期間.費用 | インプラント治療例

What's New | 管理者.連絡先 | 東京インプラントセンター | リンク | サイトマップ | UP