インプラントってどんな歯歯を失うとインプラント治療の進め方難症例に対する治療法インプラント治療期間.費用インプラント治療例

TOP>歯を失うと> 歯並びの変化.咬み合わせの変化

歯並びの変化.咬み合わせの変化

歯を失う事は合併症として数多くの弊害を引き起こします。顎の動きや顔貌は奥歯の咬み合わせに大きく関係しています。

インプラント術前11インプラント術前12 インプラント術前21インプラント術前22 インプラント術前31インプラント術前32
インプラント術前41インプラント術前42

 上下の奥歯を失って長い期間放置している状態を咬み合わせが崩壊してしまします。横からの様子を見てみると、歯が隙間に咬み込み、上の歯は下の歯肉を、下の歯は上の歯茎に咬み合う様状態です。咬み合わせた時に極端に低い咬み合わせになってしまうため、前からの様子は上の歯が下の歯の裏側に隠れてしまう状態です。
 治療には、単にインプラントを手術で埋め込むだけでは治療を行う事はできず、歯周病の治療や残存歯の治療と言った包括的な歯科医療行為が必要不可欠となり、長期渡る治療期間と永続的なメインテナンスが必要となります。

 インプラント治療により奥歯を取り戻しました。この際に正しい咬み合わせの状態の同時に再現したため、咬み合わせの高さも適切な状態となり、前歯の状態も正常な関係を取り戻す事ができました。インプラント治療とはただ単に歯のない部分に人工の歯を埋め込むだけではなく、正しい咬み合わせを取り戻す治療です。

インプラント術後41インプラント術後42
インプラント術後11インプラント術後21 インプラント術後22 インプラント術後31インプラント術後32

咬合崩壊

 歯を失った状態で放置する事は、やがて咬み合わせや、歯並びをを変化させていきます。歯を失うという事はその部分の歯が単に無くなるという事ではなく、残っている歯や顎の動きから顔貌まで、あらゆる場所に影響を与える重大な事なのです。従って歯の病気を通り越して、口腔機能の障害に発展してしまいます。このことを歯科用語では咬合崩壊と呼んでいます。
 治療には、単にインプラントを手術で埋め込むだけでは治療を行う事はできず、歯周病の治療や残存歯の治療と言った包括的な歯科医療行為が必要不可欠となり、長期に渡る治療期間と永続的なメインテナンスが必要となります。

インプラント後の口元1インプラント後の口元2インプラント後の口元3

インプラント前の口元1インプラント前の口元2インプラント前の口元3

術後

<<

術前

TOP>歯を失うと> 歯並びの変化.咬み合わせの変化

インプラントってどんな歯 | 歯を失うと | インプラント治療の進め方
難症例に対する治療法 | インプラント治療期間.費用 | インプラント治療例

What's New | 管理者.連絡先 | 東京インプラントセンター | リンク | サイトマップ | UP