インプラントってどんな歯歯を失うとインプラント治療の進め方難症例に対する治療法インプラント治療期間.費用インプラント治療例

TOPインプラントってどんな歯義歯とインプラントの違い

ー 義歯とインプラントの違い ー

インプラント治療は残りの歯に負担をかけない

 多数の歯を失った場合は、ブリッジによる治療を行うことは出来ません。この様な場合は義歯による治療を選択する以外に、失った部分に歯を取り戻すことは出来ません。
義歯は歯肉の上に人工の歯を乗せて使うためにどうしても不安定に成ってしまいます。また咬む力も十分に発揮することは出来ないのが現実です。

 

 義歯による治療の最大の問題は、義歯を安定させるためのクラスプと言われる維持装置が残存した歯に装着される事にあります。
義歯を装着したことによって残存歯は寿命は短くなる傾向があります。この事には二つの理由が考えられます。

1.義歯を安定させるための、クラスプと呼ばれる維持装置がその歯の清掃性や自浄性を悪くするため、歯周病や虫歯を発生させてしまう確立を高めてしまうことになります。

2.義歯を安定させるための力は、その反作用として残存歯を揺さぶる力として働くために、荷重負担を起こし、残りの歯の周りの骨を破壊する力となって伝わります。また、神経を取り除いた歯の場合は、歯根を破折させてしまう事もしばしば起きる事もあります。

インプラントを用いて治療を行う場合は、失った部位の骨を利用して治療が行われるため,咬む力はインプラントを伝わり骨が負担するめ、残りの歯が負担過重になることがありません。
このため、欠損部位を補う治療術式として高い評価を得ています。
 しかし、欠損部位の骨の破壊の著しい場合は、事前に骨を増やす手術が必要な場合があり、事前に骨の高さや幅を三次元的に診断する事が必要となります。

インプラントってどんな歯 | 歯を失うと | インプラント治療の進め方
難症例に対する治療法 | インプラント治療期間.費用 | インプラント治療例

What's New | 管理者.連絡先 | 東京インプラントセンター | リンク | サイトマップ | UP