DHstyle07|インプラント治療に必要な知識3

チームで実践!インプラント治療 ー求められる活躍のステージー
ーこれから必要とされる歯科衛生士の職務ー

東京ステーション歯科クリニック/東京インプラントセンター 小川洋一
             岩井理子

DHstyle 7月

インプラント治療に必要な知識③ ーまとめー

DHたまご右向き01.jpgこの号でお伝えしたかったことは...
インプラントの治療成果は素晴らしく、一見するとインプラントか天然歯か解らないくらい審美的な治療結果を得る事が出来ます。
先月号では、インプラントと天然歯の共通点を書きました。

今月号は相違点です。

インプラントと天然歯の相違点をしっかりと理解することは、歯科衛生士として、患者説明やメインテナンス、臨床現場のあらゆる場所で役に立てることが出来ます。
しっかりと理解しましょう...!

一見すると、インプラントが骨と結合した後は、その結合はとても丈夫に骨と着いている様に勘違いしてしまいがちです。
インプラントは骨と直接結合いています。歯根膜を介して骨に着いている天然歯とは全く異なります。この事をしっかりと認識してインプラントを考えて行かなくてはならないのです。

インプラントの周囲に歯根膜がないことを今更ながらと考える方も多いと思います。しかし、この事はインプラント治療を考えるにあたり大きなポイントです。
歯根膜の役割は感覚受容器のみの働きではないのです。
「感染」と「力」からの防御機能も持っているのです。ですから歯根膜を持たないインプラントは感染と力に拮抗する閾値が低いと言えます。

さあ...!
今月号もしっかり読んで、「感染」と「力」からインプラントをいかに守るかを考えてみましょう...(^_^)v

7月号のポイント


・インプラントと天然歯の相違点を理解しましょう。
  相違点を理解し、わかりやすく説明することができれば、共通点同様患者さんが何に注意すればよいかの理
  解につながります。
  決定的な相違点は、歯根膜がないことです。

・インプラントと天然歯の周囲組織の相違点について理解しましょう。
  結合組織成分
   →インプラントより天然歯のほうが、コラーゲンが少なく、線維芽細胞を多く含有している。

  コラーゲン線維の走行とプラークに対しての抵抗性とプローブ挿入時の抵抗性
   →コラーゲン線維の走行は、天然歯では歯根に対して垂直及び平行、インプラントは平行のみ。
   →プラークに対する抵抗性は、インプラントと天然歯を比較すると天然歯のほうが高い。

  セメント質の存在と歯槽骨の関係と血液の供給
   →インプラントには、天然歯に存在するセメント質がない。
   →歯の進化から結合様式を考察すると、インプラントは多生歯性と同様になり、長期間の使用に耐え得る
    天然歯の歯根膜による結合様式とは異なる。

・インプラントと天然歯の力学的な比較について理解しましょう。
  被圧変異量、感圧能力、咬合の精度、病的変化を起こす咬頭干渉で比較してみると、インプラントのほ
  うが天然歯よりも力に対するリスクが高いといえます


1インプ天然周囲相違01.psd

インプラントと天然歯の相違点を理解すれば、何に注意すべきかがみえてくる

1インプラントと天然歯の相違点01.jpg

インプラントと天然歯の周囲組織の相違点

2インプ天然周囲感染001.jpg

天然歯はインプラントよりも感染に対する抵抗性が高い

8インプ天然周囲力001.jpg

天然歯はインプラントよりも力に対して抵抗性が高い

5インプ天然歯プローブ03.jpg

インプラントのプロービングを臨床的に考察する

6インプ天然歯根膜01-.jpg

「歯根膜とは何か?」を知ることは、インプラントと天然歯の相違点を理解する鍵

メインテナンスの基礎知識は欠かせない時代です!
治療後、天然歯と同じように見えても、歯根膜がないことによる違いを理解し、治療に携わることが大切です!

詳しくは、DHstyle7月号をどうぞ。

質問がある方は..
DHstyleを読んで解らないことや質問がある方は
東京ステーション歯科クリニックまでどうぞ...m(_ _)m

また、フェイスブックのIDをお持ちの方は
各ページに設定した、フェイスブックのコメント覧からの
質問も歓迎です...!

当ホームページに掲載されている画像・イラストは
当院にて制作したものであり著作権は当院にあります。
画像・イラストを無許可で転載・転用することは固く禁止させて頂いております。

東京インプラントセンター

公式ホームページはこちらLinkIcon

インプラントって何?

インプラントの詳しい説明はこちらLinkIcon

東京ステーション歯科クリニック

当院ホームページはこちらLinkIcon