DHstyle03|伝わる検査書類の作り方1

チームで実践!インプラント治療 ー求められる活躍のステージー
ーこれから必要とされる歯科衛生士の職務ー

東京ステーション歯科クリニック/東京インプラントセンター 小川洋一
             岩井理子

DHstyle 3月

伝わる検査結果書類の作り方① ーまとめー

DHたまご右向き01.jpgこの号でお伝えしたかったことは...

これからの歯科衛生士の業務が、初期治療とメインテナンスだけでは無いことは今まで述べてきました。
患者さんに積極的に治療に参加しようとする意欲をわかせること。そのその動機づけをする事。そして心地よく治療を受ける環境整備をする事...
そのために、接遇マナーも必要だけど、最も大切なことは幅広い専門知識をベースに、患者さんとしっかりとしたコミュニケーションをとる事...

コミュニケーションの第一歩は、現状の説明と治療計画の説明です。


患者さんに説明するために、絶対に役立つツールを公開します...!

スタディモデルと検査所見です。この二つは患者さんとのコミュニケーションを良好に構築するために、とても良いツールとなります。

院内にラボがないと、どうやって咬合器に模型が付着されてくるのか解らない歯科衛生士の方も多いでしょう。
これを知っているか知らないかでは、仕事のレベルも変わりますし、理解していれば説明に迫力がでます...(^_^)v!
咬頭嵌合位と中心位、2つのスタディモデルわかりますね。

もう一つは検査所見です。パソコンを使っての書類作りは、これからの歯科衛生士には欠かせません...!

3月号を読めばパソコンが苦手な人も、所見作りが出来るようになります。
ぜひ、3月号を片手に書類を作成してみてくださいね。

3月号のポイント


・検査情報の整理
  診断用模型の咬合器へのマウント
  画像管理
  チャート
  知ることにより患者さんに説得力のある説明ができます。


・検査結果書類の作成準備
  自分に合ったパソコンソフトを利用して編集をしていきましょう。
  傾きや大きさの不揃いは患者に説明する時の阻害要素になるので気をつけましょう。

診断用模型の咬合器へのマウント

*画像はクリックで拡大表示されます。

1診断用模型記録.JPG図1 咬頭嵌合位と中心位の2つの模型作成時の記録。左よりアンテリアジグ、咬頭嵌合位と中心位を咬合採得した記録、上下全顎石膏模型各2個、DENARマウンティングプレート4個、スライドマチックフェイスボウで採得したバイトフォークとメジャーリングボウを連結した記録。2トリミング前01.JPG図2 上顎石膏模型。印象に気泡があると石膏模型では凸の気泡として存在する。咬合面も含めて多数観察できる。3トリミング01.JPG図3 凸の気泡は実際の口腔内には存在しないことから、鋭利で繊細なナイフで取り除く。

4トリミング02.JPG図4 石膏模型上の左上6の気泡を除去した状態。他の石膏模型上の歯も同様の作業を行う。気泡の無い印象採得を行う事ができれば、口腔内と模型の誤差が少なくなる。5マウント準備01.JPG図5 すべての石膏模型は図3の作業を行い、外形辺縁部もトリミングを完了させる。咬頭嵌合位と中心位を咬合器にマウントする準備が整う。6マウント準備02.JPG図6 咬合器にマウンティングプレートとトランスファージグを設置し、フェイスボウ採得したバイトフォークを連結。そのバイトフォークへトリミングされた上顎石膏模型を適合させる。上顎石膏模型のマウントする面はあらかじめアンダーカットを付与しマウント材を石膏模型が外れにくい状態にする。

7マウント上顎01.JPG図7 マウンティングプレートと上顎石膏模型の間へマウント材を注入する。8バイト01.JPG咬頭嵌合位をバイト用のシリコーン材で咬合採得した記録。接触点が穿孔している。9バイトトリミング試適01.JPG図9 図8の咬合採得した記録はシリコーン材に弾性が存在するためアンダーカットある。そのため石膏模型に適合するように咬合採得した記録をトリミングする。精度良く石膏模型に咬合採得した記録を設置し、穿孔部を鉛筆で印字する。

10バイト印字01.JPG図10 咬頭嵌合位の接触点が印字された下顎石膏模型。11バイト印字02.JPG図11 上顎石膏模型も図9と同様の作業を行う。12バイト印字03.JPG図12 咬頭嵌合位の接触点が印字された上顎石膏模型。

13咬頭嵌合位確認01.JPG図13 上下石膏模型に印字された接触点を指標にマウントされた上顎石膏模型に下顎石膏模型を設置した右側面観。14咬頭嵌合位確認02.JPG図14 図13と同様の左側面観。15咬頭嵌合位固定01.JPG図15 2台の咬合器に咬頭嵌合位で設置された石膏模型を棒とワックスで動かぬように固定する。

16咬頭嵌合位マウント01.JPG図16 2台の咬合器に咬頭嵌合位で石膏模型がマウントされた状態。左の石膏模型は中心位でリマウントを行う。17咬頭嵌合位マウント02.JPG図17 咬頭嵌合位でマウント完了後、固定用の棒を外した右側面観。18咬頭嵌合位マウント03.JPG図18 図17と同様の左側面観。両側とも精度良くマウントされているのが観察できる。

19咬頭嵌合位から中心位への準備01.JPG図19 1台の咬合器は咬頭嵌合位から中心位ヘリマウントを行う。中心位で咬合採得した記録とアンテリアジグを準備する。20アンテリアジグバイト試適02.JPG図20 図19の咬合器の石膏模型にアンテリアジグと中心位で咬合採得した記録を可及的に適合させる。石膏模型が開口状態になるためインサイザルポールが浮いているのが観察できる。21インサイザルポール調整01.JPG図21 図20のインサイザルポールを浮かないように調整する。

22下顎リマウント準備01.JPG図22 咬頭嵌合位から中心位へ、リマウントするために下顎石膏模型を外す。23下顎リマウント準備02.JPG図23 図22の上顎石膏模型に中心位で咬合採得した記録とアンテリアジグを設置し、下顎石膏模型を精度よく適合させる。図20とは異なり、中心位で咬合採得した記録が石膏模型に隙間なく設置されているのが観察できる。石膏模型が動かないように図15と同様に固定する。24下顎リマウント01.JPG図24 下顎石膏模型が中心位でリマウントされた状態

25リマウント完了化粧01.JPG図25 診断用模型は患者の説明時にも使用するため、マウント部は再度マウント材を綺麗に添加し形態をなだらかにする。マウント材硬化後、耐水ペーパーで滑らかに仕上げる。26マウント後02.JPG図26 右が咬頭嵌合位で、左が中心位で石膏模型がマウントされた状態。これらのたくさんの緻密な行程を経て精度のよい診断用模型が完成する。

  検査情報の整理は、伝わる検査結果書類作成への第一歩です!
  的確に状態を捉え、間違いのないようきちんと整理しましょう!

詳しくは、DHstyle3月号をどうぞ。

質問がある方は..
DHstyleを読んで解らないことや質問がある方は
東京ステーション歯科クリニックまでどうぞ...m(_ _)m

また、フェイスブックのIDをお持ちの方は
各ページに設定した、フェイスブックのコメント覧からの
質問も歓迎です...!

当ホームページに掲載されている画像・イラストは
当院にて制作したものであり著作権は当院にあります。
画像・イラストを無許可で転載・転用することは固く禁止させて頂いております。

東京インプラントセンター

公式ホームページはこちらLinkIcon

インプラントって何?

インプラントの詳しい説明はこちらLinkIcon

東京ステーション歯科クリニック

当院ホームページはこちらLinkIcon