初診時には
被せ物の回りに炎症があります
歯肉の境目が
赤く腫れているのが解ります



仮歯を数回作り直しながら歯肉の治療を行います。
歯肉が健康でなければ次の治療ステップに進むことができません
歯肉の境目の炎症が消失し
引き締まった健康な歯肉になった仮歯の状態。
この後に最終的な冠を被せるために型を採る治療を行います

この様に仮の歯は、単に最終の歯が入るまでのとりあえずの歯ではなく、治療を目的とした場合が多くあります。特にやり直し治療には重要なステップになります。
このほかに、最終の冠の形を相談したり、咬み合わせを決めたりと、各ステップで治療の精度を高める目的として用いる、重要な治療手技です。


<<< >>>

戻る 精密な型を採るには

<<<  治療の流れへ