01精密な型を採るために

根の治療が終了した後、ダウエルコアと言ばれる失った歯を補う補強のための金属を製作後し、装着します。この時点までに歯肉の炎症がある場合は治療を終了させておきます。

良質の印象採得とは
境目の精度が重要となります
この部分をいかに正確に削って
精密に型を採るかに
治療精度が大きく左右されます

印象採得を正確に行うためには、歯と歯肉の溝に圧排糸と呼ばれる専用の糸を慎重に巻いて行います。
この術式を用いることによって、歯肉を傷つけること無く、非常に精密な印象採得を行うことができます。

 
糸を巻く際には、歯と歯肉の溝の幅に合った細い糸を選んで行います。
通常2本の糸を巻き、1本を印象採得直前に外し、
1本を残した状態で印象採得を行います。

歯肉の溝に2本の糸が巻き終わった状態。一本の糸を外して最終的な形態に仕上げた直後に、印象採得を行います。
この結果非常に精度の高い治療を行えるのです。

このようにして型を採る準備ができたら型を採り模型を作る次のステップに進みます

戻る   進む