どうして根の治療をするの

歯の構造ってどうなってるの
歯の神経や内部にある微弱な組織は、通常周囲を、象牙質によって保護されています。歯肉縁より上の象牙質は、エナメル質によって保護され、歯肉縁より下の象牙質は、セメント質により保護されています。

どうして根の治療をするの
 虫歯やが保護層よりも深く進むと、神経は口腔内細菌にさらされます。その結果、神経に感染が生じます。
感染した神経は回復する事はなく、やがて根の尖端に膿の袋を形成することさえあるのです。
 根の治療とは、感染やダメージを受けた神経や膿を取り除くことにより、歯は健康状態を取り戻すための治療です。

戻る  治療の進め方